歯の矯正の痛さについて

歯の矯正の痛さは、おそらく個々それぞれだと思います。
それと大きく関わるのが、もともとの歯並びや使用するワイヤーのサイズだと考えられます。
矯正する時の仕組みは、器具を取り付けて、違う方向から力を加えていくという単純なものです。
ですから、歯並びの状態によって、かかる力が変わってきます。
歯並びが悪いほど、歯に掛かる力が大きくなり、痛みも生じやすくなります。
力が大きくなるという事は、痛みも大きくなるという事です。
あと、使用するワイヤーの太さによっても、力の大きさが変わるので、状態によっては痛みのレベルが上昇します。
ですので、歯並びが悪い方は、当然、痛い思いをする確率が高いです。
もし、矯正を考えられている方は、なるだけ早く矯正歯科に相談する事をおすすめします。

カテゴリー: 矯正 | 歯の矯正の痛さについて はコメントを受け付けていません

成長期における出っ歯の矯正治療について

成長期における出っ歯の矯正治療なら、マウスピースでの矯正が可能な事もあります。
基本的に永久歯に全て生え替わってしまった後の出っ歯の治療には、マルチブラケット装置を使って進める事がほとんどです。
マルチブラケット装置は、歯に固定させたブラケットと呼ばれる装置にワイヤーを通して歯を動かす、最も基礎的な矯正装置での治療です。
固定式の装置なので、取り外しが出来ない仕組みになっています。
マルチブラケット装置は、見た目的に目立ってしまう事や、痛みや違和感などが気になる事もあるので、敬遠される患者さんも結構おられます。
出っ歯を後退させたり、歯並びを良くする為に、永久歯の抜歯が必要になる事もあります。
成長期であればマルチブラケット装置を使ったり、抜歯をしなくても出っ歯を治せる場合があります。
使って頂くのは取り外しが可能なマウスピースタイプの装置となります。

カテゴリー: 歯科, 矯正 | 成長期における出っ歯の矯正治療について はコメントを受け付けていません

安全性の高い切らない手術でバストアップできる豊胸施術について

女性にとって豊かではりのある胸は憧れです。
豊かな胸があれば自信にもつながるでしょう。
胸が大きく、ウエストが細いメリハリのあるボディであれば、水着や大胆なデザインの服も着こなせるでしょう。
日本人の女性の多くは、小さい胸であることに悩まれています。
小さな胸にコンプレックスを抱え、自信を失う人も珍しくありません。
だからといって諦める必要も、悲観することもありません。胸を大きくする方法はいくらでもあります。
私の場合、貧乳でいじめられたこともありました。
そこで美容整形でシリコンバッグを胸に入れようかとも思いましたが、やはりメスを使って胸を切ることに抵抗がありました。
そこでもっと安全な豊胸方法はないかと医師に相談すると、メスを使わず切らないでバストアップできるヒアルロン酸注入があると教えていただいたのです。
ヒアルロン酸注入は施術の後遺症もほとんど見られず、一週間も経てば普段通りに生活することができました。
切らないで豊胸できたことで、後遺症も一切心配ありませんでした。
コンプレックスを抱え自信を失い、後ろ向きになるのは人生がもったいないです。
胸の悩みがあればぜひ一度美容整形外科で相談することをおすすめします。

カテゴリー: バストアップ, 豊胸 | 安全性の高い切らない手術でバストアップできる豊胸施術について はコメントを受け付けていません