包茎の人は日本人の約7割

日本人の約7割、3人に2人は、包茎であると言われています。
その中でも、種類が仮性包茎・真性包茎・カントン包茎などありますが、ほとんどが仮性包茎であります。
では、仮性包茎とはどういうものなのでしょうか。
包茎手術 岡山皐月クリニック
包茎とは、一般的に亀頭が、包皮に覆われている状態のことをいいます。仮性包茎は、勃起状態になると、自然と包皮がめくれ、亀頭が出てくる場合のことです。真性包茎になると、勃起状態でも包皮は被ったままで、亀頭は現れません。

日本の文化が包茎=かっこ悪い、恥ずかしいという構図を作ってしまったとも言われます。

本来は、仮性包茎が動物の自然な形なのではありますが、アフリカやアメリカなどでは、子供の頃に衛生上の都合などで、包茎手術を行うのが一般的です。また、宗教上、割礼を行うところもあります。こういった文化が日本には、無いため、仮性包茎が自然な形として残っています。

しかし、日本では、仮性包茎が恥ずかしい、かっこ悪いという風潮があり、気にしている人がほとんどです。もちろん衛生上の問題や、早漏防止やどのことを考慮して、手術に踏み切る場合もありますが、見た目のコンプレックスが手術へ向かわせるとも言えます。

包茎手術で、自信や精神的苦痛から解放される場合も多々ありますので、早めにクリニックなどへ行かれては如何でしょうか。無料相談等を御利用しただければと、思います。今は、無料相談をやっているクリニックは多いです。無理な勧誘もないので、ほぼ大丈夫ですよ。

コンプレックスの男性の為のアドバイス

カテゴリー: 美容外科 パーマリンク