歯の矯正の痛さについて

歯の矯正の痛さは、おそらく個々それぞれだと思います。
それと大きく関わるのが、もともとの歯並びや使用するワイヤーのサイズだと考えられます。
矯正する時の仕組みは、器具を取り付けて、違う方向から力を加えていくという単純なものです。
ですから、歯並びの状態によって、かかる力が変わってきます。
歯並びが悪いほど、歯に掛かる力が大きくなり、痛みも生じやすくなります。
力が大きくなるという事は、痛みも大きくなるという事です。
あと、使用するワイヤーの太さによっても、力の大きさが変わるので、状態によっては痛みのレベルが上昇します。
ですので、歯並びが悪い方は、当然、痛い思いをする確率が高いです。
もし、矯正を考えられている方は、なるだけ早く矯正歯科に相談する事をおすすめします。

カテゴリー: 矯正 パーマリンク