成長期における出っ歯の矯正治療について

成長期における出っ歯の矯正治療なら、マウスピースでの矯正が可能なこともあります。
基本的に永久歯に全て生え替わってしまった後の出っ歯の治療には、マルチブラケット装置を使って進めることがほとんどです。
マルチブラケット装置は、歯に固定させたブラケットと呼ばれる装置にワイヤーを通して歯を動かす、最も基礎的な矯正装置での治療です。
固定式の装置なので、取り外しができない仕組みになっています。
マルチブラケット装置は、見た目的に目立ってしまう事や、痛みや違和感などが気になる事もあるので、敬遠される患者さんも結構おられます。
出っ歯を後退させたり、歯並びを良くする為に、永久歯の抜歯が必要になる事もあります。
成長期であればマルチブラケット装置を使ったり、抜歯をしなくても出っ歯を治せる場合があります。
使って頂くのは取り外しが可能なマウスピースタイプの装置となります。

カテゴリー: 歯科, 矯正 パーマリンク